会いたい人がいる人へ・・・(*ノ´∀`)9゚.:。  

忘れられない人・・・いますか? もう、叶わないけど いつかみた夢のつづきです。

Entries

児童虐待かどうか…

児童虐待かもしれないけど、分からない。
おかしいかも。でも通報して良いのか…
 
そう思った事が過去数回あります。
 
目に見える虐待ばかりではありませんし…経済的DVというか、食事が与えられてないかも。とか服装が毎日同じだとか…小さな子供だけで住んでいるようだとか。
 
様々な気付きがあるなかで救える命があるなら救ってもらいたい。
 
児相に連絡したからと言って変わらなくても、誰かの目があるというだけでも違うと思う。
 
自力で生きていけない、その世界の殆どが親しかない小さな命を、その保護すべき親が命を奪うという痛ましい事が2度と起きないで欲しい。
 
 
こんなツィートをみた。
 
児童相談所にせっかく連絡しても「かもしれない」や「相談」という形だけでは児相は動かない(動けない?)との事。
 
電話口で、或いはメールででも【通告】と伝えると児相も動くそう。
 
 
どれ位の時間泣いているか、親御さん、又は保護者と思われる人の対応や怒鳴り声の有無。
 
親御さんの音声のわかる範囲。
 
躾の範囲を超えている可能性。や気付いた事(いつも同じ格好である、年齢にしては小さい、子供との会話から聞き取れた事、どれくらいの時間放置されているか)等。
 
違和感を感じた事、例えばすぐに児相には連絡しにくい場合は警察でも良い。
 
実はお恥ずかしながら、昔県営の団地に住んでいた若い頃、夜遅くに警察がきた。子供達は眠っていたし驚いた…
でも確かにその頃ヒマのイヤイヤ期と生まれたばかりのキョンの育児を1人でしていて、知らない土地に知人もいなく話す人もいない。友人達は未だ学生だったり新入社員で忙しい。
 
ワニ旦那は長期出張中で私は1人。多分イライラしていたのはあったけど、つい大きな声でヒマを怒ってしまっていた。大抵窓は全開だったし、、恐らく近所の人だろうけど警察に連絡したのかな。
「子供が泣いていると聞いたけど、大丈夫ですか?」と交番の警察官が2人で来た。
 
眠っている子供達を見せて、少し事情を説明したら、何か困った事があったら交番でもいいから連絡してと言って帰っていった。
 
でも、それで随分救われた。
 
何より、子供達に目が向けられている安心感もあった。それからご近所の先輩ママさん方も色々教えてくれたり、仕事を始めたりして気持ちを入れ替えた。
 
1人の育児は本当に泣きたくなる事はたくさんで不安で死にたくなったりもした。成長が遅れてるように感じたり、離乳食を食べてくれなかったり、紙おむつを洗濯機に入れて回したり。今思えば笑える事も、当時は笑えなかった。
 
だけど、恥ずかしながら警察官の訪問で少し気持ちが落ち着いたかな。恥ずかしいけど。
 
 
でも、だからこそ思う。あれがエスカレートしていたらもしかしたらと。。
 
だから…もしも見つけてしまったら。
 
勇気を出して救える命に手を差し伸べて欲しい。
 
 
 
スポンサーサイト

Comment

 

本当に・・・
粗末に扱ってよい命なんてない。
幼い子供には、親や周りが全て。
差しのべてくれる手が少しでも
多くありますように・・・。
目を覆いたくなる事件が余りにも多いね。

  • posted by とも。 
  • URL 
  • 2018.06/13 20:46分 
  • [Edit]

いち早く 

番号 記憶しました!
通告…する際の伝え方など勉強になりました。
子を愛する親のサポートも 必要なのですね。
子どもたちの笑顔と幸せが 国の豊かな未来に繋がると思う🌏✨初めて色々考えさせられます。
ヒマきょんちゃん ありがとう💐
  • posted by いぶ♡ 
  • URL 
  • 2018.06/13 19:59分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

  • Author:ヒマきょん
  • 大切な物・・家族(旦那・娘15才息子13歳・友達・平和
    性格・・・・・石橋を走って渡るタイプ
    しごと・・・・京都・奈良でバスに乗り、案内をして大きな失恋をして、心を破壊されてから帰福、様々な仕事を経て、小学校でPC教え。気付けばお馬鹿な鋼材屋でCADオペ…現在は某企業で橋作り・・・専業妄想主婦を経て事務仕事。只今海運会社事務。
    自称:北九州市親善(ただ景色写真載せるだけ)大使

    好きなゲー・・DQ・FF・ヴァルキリー・マグナカルタ・幻想水滸伝…テイルズ…グーニーズ、アイスクライマー、スパルタンエックス、マッピー等

最近の記事

月別アーカイブ

♪BGM

©Plug-in by PRSU

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

FC2 Blog Ranking

ブログ内検索