会いたい人がいる人へ・・・(*ノ´∀`)9゚.:。  

忘れられない人・・・いますか? もう、叶わないけど いつかみた夢のつづきです。

Entries

大杉漣さんに学ぶ…

 俳優の大杉漣さんが2月21日に急性心不全で亡くなったことを受けて、ドラマやバラエティー番組で共演経験がある多くの著名人から追悼のコメントが寄せられています。
 
 
 ドラマ「バイプレイヤーズ」や映画「アウトレイジ」をはじめ、独特の存在感で多くの作品に華を添えてきた大杉さん。日本テレビ「ぐるぐるナインティナイン」の人気コーナー「ゴチになります!」などバラエティー番組でも活躍し、2月15日放送の同番組では元気な姿も見せていました。
 
 俳優の要潤さんは、「今、漣さんにメールした。信じられない。勘弁してくれよ。あまりにも急じゃないか。僕の目標の人だったんだよ」と突然の訃報を受け止めきれない心境を吐露。お互いの夢について語り合ったばかりだったそうで、「約束したこと終わってないよ。ねぇ、漣さん連絡してよ」と悲しみに暮れる思いをつづっています。
 
 
 
 大杉さんと同じく、日本を代表するバイプレイヤーである俳優の八嶋智人さんは、「俳優は二度死ぬ、という言葉を聞いた事があります。一度目は身体が。二度目は皆の記憶から消える時」「だから僕は、これからたくさん大杉漣さんのこと想ったり、話したり、観たりするんだ!」と同業者としての思いをコメント。同じく名バイプレイヤーである俳優の佐藤二朗さんは、「どの現場でも爛漫で、愉しく、誰に接するも態度変わらず、真に敬愛できる大きな先輩だった」「最期の日まで現場に立った事を、最期の日まで台詞を吐いた事を、心底羨ましく思う」と大杉さんの演者として在り方に尊敬の念を込めた言葉も残していました。
 
 “ゴチ”で共演していた女優の橋本環奈さんは、「いつも優しく温かく接して下さる漣さんに会えないと思うと、本当に寂しいです」と大杉さんの人柄に触れながらコメント。同じく“ゴチ”で共演したお笑いタレントの渡辺直美さんは「大好きです」と制服姿で写った笑顔の2ショット写真を公開しており、同コーナーにゲスト出演したことがあるブルゾンちえみさんも、「会ったり、お話ししたり、いつ、突然できなくなるかわからないんだな、と実感しました」と突然の訃報に募る思いをつづっています。
 
 
 
 女優ののんさんは、岩手県の駅で偶然出会ったときのものだという写真を公開し、「いつかお仕事ご一緒出来たら良いなあ…とずっと思っていたのに、凄く悲しいです。かっこよかったなあ。もう一度お会いしたかったなあ」とかなわなかった共演への思いを告白。お笑いコンビ「TKO」の木本武宏さんは、「漣さん無理です信じられません」「ついこの前サッカーの試合を観戦する約束をしたばかりじゃないですか」と、サッカーが大好きだった大杉さんとの約束を果たせず、悲しみもひとしおな心境を明かしています。
 
 また、大杉さんの息子である写真家の隼平さんは、「あまりに突然の事でまだ信じられません。最後に立ち会うこともできず、ありがとうございます。を伝えることもできませんでした」と心残りを吐露。大杉さんは「バイプレイヤーズ」の撮影後に病院に運ばれ、俳優の松重豊さん、遠藤憲一さん、田口トモロヲさん、光石研さんら共演者に見守られなが息を引き取っており、そのことに対しても「病院に連れていって下さった松重さん。遠藤さん、田口さん、光石さん、本当に親父は皆さんの事が大好きでした。ありがとうございます」と息子として最大限の感謝を伝えていました。
 
 
国分は大杉さんと日本テレビ系「ぐるぐるナインティナイン」の人気企画「ゴチになります!」で共演。この時に「初のレギュラーだったんですよね、ゴチという番組では大杉さんが。その年齢で新しいことやることって難しいんじゃないですかって質問したことあるんですけど、新しいこと見つけてやることって楽しいじゃんって。ただ分からないから、太一君、いろいろ教えてねって言ってくれて。後輩であるボクから何かを盗もうとしている姿にすごい人だなぁって思いましたね」と大杉さんからもらった大切な言葉を明かしていた。
 
 また、セリフについて国分は大杉さんから「セリフ覚えが悪いって自分で言っていたんですよ。どうやって覚えているんですかって聞いたら、自分で一回録音すると。その録音してヘッドホンで聴きながら散歩するんだ。セリフが入るまでは家に帰らないということをずっと続けていて。セリフ覚えもそうなんですけど、スタイル維持のためでもあるっていうこともあったみたいですね。2、3時間セリフ覚えて家に帰らないこともあったって言ってましたね」と振り返った。
 
 
 
 また、私生活についても「よく家族の話とかも出たんですよ。娘さんがシェフで息子さんがカメラマンで。ゴチの収録が終わるといつも家族で反省会をするんだと。お父さん、あそこが良くなかったんじゃないかという話しもみんなでしたりする。家族にも愛されていて、しかも、役者始めたころは本当にボク、暇だったんだよ。だから、子供とよく遊んでいたんだよって。太一君も子供生まれたから、絶対にいっぱい遊んだ方が良いよって言ってくれたことを覚えていますね」と告白した。
 
 最後に国分は「今日、こういう形で報道しましたけども、多分、漣さんは、この報道を望んでいないとボクは思います。もっと、オレのことは、いいからさぁ、五輪でメダル取ったんだしさ、そっちやってよってそういう人なんですよね。ちょっとまだ信じられないんですけどもね。悲しいですね」と目を真っ赤にして偲んでいた。
 
人は必ず死ぬ。だけれども、その生き様を、背中をどれだけ見せてきたかがわかる言わば人生の真骨頂が死の後ではないかと思う。
死の後の生か死か…その分かれ目をここ数日痛感している。
 
こんなツィートをみつけた。
 
実るほどこうべを垂れる稲穂のように、立場や職業ではなく誰にでも感謝の気持ちで接する事。
 
我が家では基本どんな職業を選んでも良いと言っているけど、どこかの時点で人助けや導き手になって貰いたいなぁと思う。
 
あんな人になりたい。
 
あんな先輩になりたい。
 
そう思われる時点で人を導いてるよね。
 
 
漣はさざなみ。どこからともなく一陣の風が吹く時、押し黙った硬い水面をささやかに撫でて行く。小さな波が立つ。それが幾重にも重なりさざなみとなる。やがてはそれは力となり海洋へ影響を持つ。
 
この一人の役者のさざなみは人々の心に寄せては返しいつまでも心に残る波なんだなと思う。
スポンサーサイト

Comment

明日 

何が起きるか分からない。
だからこそ、毎日 1日 いまこの時も
自分の為 大切な人の為 生きていたいと思います。
必ず 愛し守り生きた証は残るはずです。
そして、また次へしっかり繋がって行くと思います。

突然の別れは辛すぎるけれど…
愛された分、強く生き続けられると思います。
  • posted by いぶ♡ 
  • URL 
  • 2018.02/23 21:40分 
  • [Edit]

たかちゃん 

見せてるよ。ちゃんと息子君に伝わっているよ。

大丈夫。
  • posted by ヒマきょん 
  • URL 
  • 2018.02/23 19:41分 
  • [Edit]

… 

私は、どれだけの生き様を見せることが出来ているのかなぁ…
息子は 私の背中をどのように見ているのかな…
ずーっと考えている。
心の中に ずっと…残っていられれば…
  • posted by たか 
  • URL 
  • 2018.02/23 17:31分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

  • Author:ヒマきょん
  • 大切な物・・家族(旦那・娘15才息子13歳・友達・平和
    性格・・・・・石橋を走って渡るタイプ
    しごと・・・・京都・奈良でバスに乗り、案内をして大きな失恋をして、心を破壊されてから帰福、様々な仕事を経て、小学校でPC教え。気付けばお馬鹿な鋼材屋でCADオペ…現在は某企業で橋作り・・・専業妄想主婦を経て事務仕事。只今海運会社事務。
    自称:北九州市親善(ただ景色写真載せるだけ)大使

    好きなゲー・・DQ・FF・ヴァルキリー・マグナカルタ・幻想水滸伝…テイルズ…グーニーズ、アイスクライマー、スパルタンエックス、マッピー等

最近の記事

月別アーカイブ

♪BGM

©Plug-in by PRSU

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

FC2 Blog Ranking

ブログ内検索